topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"グッドドクター"​​延長せずに20部作で放映終了 - 2013.09.17 Tue

yh^ドラマ未来7

人気裏に放送中のKBS2月火ドラマ "グッドドクター"​​(脚本パク·ジェボム、演出機敏ことキム·ジンウ)が延長せずに20回放映終​​了する。

KBSドラマ局の高位関係者は16日TVリポートに ""グッドドクターを延長する計画がない "と明らかにした。

引き続きこの関係者は "視聴者たちの大きな愛を受けているが、予定通り20部作に仕上げている"とし、 "人気が高いと延長するとややもすると作品性を落とすことができる"と説明した。

まさにそのとおり!!長すぎてもストーリーがグダグダになってしまうよりもきちんとした内容が1番だ。
「韓ドラ」ラストで納得できたのはわずかしか無い。「ミアナダ サラハンダ」アレは未だに納得出来ない!!
ジソプが死んでも・・・あのお母さんは結局は何も知らされないままに終わる???
誤解したまま・・・憎まれたまま・・・!!??オカシイでしょ!!だった。もう一つあるのは

主人公達が上手くまとまったとしても、周りがそのままの場合も多々・・・ええ~アレは???って感じで
中途半端すぎるだろう~撮影ギリギリなスケジュールはシナリオまできちんと終わらせないようだ。
途中まで凄くジェットコースター的にハラハラさせまくって・・・有り得ない連続とか剃れが・・・
エエッそれでおしまい???なんてやり方が多過ぎる。昔と違って最近は視聴者の意見はあまり通らないようだが
以前は、話がかわるなんてこともよくあった。それが「韓ドラ」だったが、



"グッドドクターは、これまでの医療ドラマでは説明しなかった大学病院の小児外科を背景に欠点のない俳優たちの演技とPDの演出力、作家のシノプシスがかみ合って 'ウイドゥ'の新しい地平を開くだったという評価を受けた。

制作陣によると、 "グッドドクター"​​は、来る10月8日に終了する。後続作でユン·ウネ·イ·ドンゴン·チョン·ヨンファ·一戸など​​が出演する "未来の選択"が14日から電波に乗る。

一方、視聴率調査会社ニールセンコリアの集計によると、先週放送された "グッドドクター"​​ 12回は19.4%の全国視聴率を記録した。


写真= KBS
キムボラ記者purplish@tvreport.co.kr


スポンサーサイト

視聴率:『グッド・ドクター』18.3% - 2013.09.10 Tue

グッド1

 『グッド・ドクター』(KBS第2)が8月5日にスタート後、11話連続で月火ドラマ視聴率1位の座を守っている。

 9日夜に放送された同ドラマ第11話の全国視聴率は18.3%(10日、ニールセン・コリア調べ、以下同じ)を記録した。これは前回放送分(4日)の18.4%を0.1ポイント下回る数字だ。

 なお、同時間帯に放送されたSBS『黄金の帝国』は10.8%、MBC『火の神ジョンイ』は8.4%だった。

出演。チュウォン(キムタック他)ムンチェウォン(bangbangで共演中)チュサンウク(TEN他)
3局スターとで当初は10%くらいで「どんぐりの背比べ」状態だったのに
いつの間にか、このような差になってしまった。

確かに、チュウォンのキャラがこれまでに無い医師として目を引いたのかもしれない。

彼も色々な役柄を演じて前作では「カクシタル」というドラマにでて、昨年日本でのみ歌手デビュー(こういう人が多すぎるのもどうかと思う)上手く行けばconcert(稼ぐ為に)までと目論むのも一般的な考え方になってきてるようだ。それで、CD発売に合わせた来日も結局来日中止にまで追い込まれた過去も
あのドラマには「反日」色が強すぎて、日本で活動してる人気俳優がこぞって敬遠した代物(ドラマ)だったが
勇気(??)をだして引き受けた結果だから 国内ではドラマに出たことで「受け入れられた」逆に
オファーを蹴ったスターを探そうか~!!などというところまでネットでは一時期あったが、

あれで、日本での「対応」は(活動したくても)マイナスになったかもしれない。
ヒット作が次々に日本で放送されて 主演俳優が頻繁に日本で「ファンミ」開催してる現状で、
「グッドドクター」はどうなるのだろうか???

話が逸れた・・・・
このドラマの後続作品に当たる「未来の選択」思えば、「オレスキ」の前作「トッコジン」の
凄すぎた視聴率のあとの・・・・一桁台。。。。
今回はどうなるんだろう???あの時は、シネが事故に遭遇したことも重なって結局は1話カットになった。
当初は韓国で放送は15話でも、日本版では編集して16話にするつもりとまで言われてたが(韓国のTV関係者)

結局はそのまま・・・・
権利の問題等でヨンファの生歌も「差し替え」られたり・・・・今回も完璧な作品は放送されないかも。
「ドクター」が20話予定になってるが・・・
延長はないのだろうか???あったら困るのはFNCとファンだろうけど・・・・
予定では12月17日で終了だから、年末の29~31日を除いては 直前まではギリギリのスケジュール調整と
いうか、無理してまでも組み込めれそうだもの。
韓国内は別として、1番の「お財布国」ジャパンmoneyが必要(苦笑)だと踏めば、彼等の体調よりも・・・
日本でのツアー(3~4都市程度)が有り得ると踏んでいますが・・・どうでしょうか???
覚めた目で見てるのは私だけかな???

ジョンヒョンが今年はたくさんのライブをやる約束守れたと「zepp」後言ってたが・・・
日本のファン的には 昨年までと大違いの規模「リリイべ」=少なすぎル!!とか大きな会場での
liveでなければファンは入れない(参戦出来ない)それをどう判断するのか・・・・
今年は、早々と諦めて新年早々に 組んでくるのか???早く知りたいな~
今のところは「武道館live」の早期実現と人気あるうちの「東京ドーム」← ← いっぱいにするのは
大変だから。あくまでも「武道館」というロックの殿堂でのステータスが欲しいだろうから。
ここなら3日連続でも全然大丈夫だろうけど・・・・

最近、久しく「武道館」訪ねて無いな~。あの坂を上って門をくぐって・・・・
出来たら階段登らず、地下へ(arena席)行きたいよ~!!大昔、あそこの隣の駐車場で
「ポンポン」作った過去もあるし・・・ホント若かったデス。
ちょっと前は、外の離れた奥にある暗いトイレで夜の部用に「着替えた」ことも・・・
懐かしい~~~(涙。。。。)

キム・ウビン、『相続者たち』出演確定…悪い男に変身 - 2013.07.17 Wed

キムウビン2

俳優キム・ウビンが『王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ・相続者たち』の出演を確定した。キム・ウビンは10月スタートが予定されたSBSの新しい水木ドラマ『相続者』の出演を確定した。

劇中でキム・ウビンは高級リゾートの相続者チェ・ヤンド役に扮する。チェ・ヨンドはIQ150の優れた頭脳を持つ高校生で、同年代の人たちより過度に賢く、友人は無視の対象であり遊び道具と考える「悪い男」のキャラクター。キム・ウビンは主人公パク・シネをめぐってイ・ミンホと伯仲した神経戦を行い、三角関係を形成して劇への関心を深める。

一方キム・ウビンの他にもイ・ミンホ、パク・シネ、チェ・ジンヒョク、クリスタルなどが出演する『相続者たち』は、10月に初回が放送される。


http://innolife.net/

やはりとう言うよりも、やっと・・・と言ったほうが良いのかな??
この役!!多分、ヨンファが事務所に「降板」させられた役のはず・・・
確かに、「オレスキ」の イシンもcoolだったが、こっちは「イメージダウン」に繋がるから
事務所は難色示すはず・・・・

本人は悪役もやりたいようだが・・・・
今はまだ時期尚早だろう。脱アイドル宣言も大事だが、今これやると 「ファン離れ」もあるかもしれない
苦渋の決断とはこういうことかも。個人的には ヨンファの悪役ってあまり見たくないし
機能浮上してきたKBSさんの役が ちょっとお大人なヨンファに会えるから楽しみなんだけど
果てさて、ヨンファと事務所はスケジュールの調整と(live断ちしてまで)選択するのか???
これが、ヨンファにとっても(俳優人生の)重要な選択だとしたら応援するが・・・

焦らずに 他のメンバーがヒット作のドラマに出演して 羨ましいのはわかるけど
ヨンファヤ・・・君はミュージシャンだと私は思ってるのだからね~

韓国で日本ドラマのリメーク急増 評価と懸念の声 - 2013.04.15 Mon


【ソウル聯合ニュース】日本のドラマや小説が原作の韓国ドラマが相次ぎ登場し、懸念と評価の意見が交錯している。

 今年に入ってからSBSで「愛なんかいらねえよ、夏」を原作とした「その冬、風が吹く」が放送されたほか、今月からKBSでは「ハケンの品格」をリメークした「職場の神」が放映中だ。6月からはMBCで「女王の教室」のリメーク版の放映がスタートする。

 昨年は日本ドラマ「JIN―仁―」「花ざかりの君たちへ」のリメーク版が地上波で放送されたほか、ケーブルテレビでは「プロポーズ大作戦」「ホーリーランド」が原作のドラマが放映された。特に総合編成チャンネル・JTBCでは「親愛なる者へ」「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」のほか、秋元康氏の小説「象の背中」が原作のドラマなど日本原作の3本が放映された。

 これまでも「やまとなでしこ」「星の金貨」「恋愛時代」「白い巨塔」「花より男子」「結婚できない男」「ドラゴン桜」「イタズラなKiss」など日本のドラマや漫画が原作のドラマが1年に1~2本放映されてきたが、2011年以降は急増している。

 その理由について日本社会が韓国より10~20年程度、先行しているほか、生活様式や文化が似ている点、日本で多様なジャンルのコンテンツが発達している点などが指摘されている。また、韓国ではドラマの放送本数が多いうえ、1回当たりの放送時間も60~70分と他の国に比べて長いため、脚本探しに苦労している点も挙げられる。

KBSメディアのチョン・ヘリョン・ドラマ本部長は「ドラマの本数が非常に多く、次々と書いて出さなければならないため、新しいストーリーやしっかりとした創作劇をつくる余力がない」と指摘する。脚本家が創作に費やす時間が十分ではなく、同じようなストーリーが量産されているため、オリジナルよりもすでに原作があるものに活路を見いだすようになったと分析した。

 その点、日本は原作の宝庫と言っても過言ではない。出版や趣味の市場が発達しており、小説や漫画などから幅広い分野のストーリーを採用できる。チョン本部長は「韓国人の多くは大学進学と就職という画一化された目標の中で成長し、多様な関心を育てることができない。そのためドラマも愛と欲望という二つのキーワードに集中する」と指摘。「日本は幼い頃から職業と趣味教育が幅広く行われており、それらを素材にした大衆文化コンテンツも自然に増加している」と評価した。韓国ではドラマの原作として使える小説も多くなく、ドラマ化する際に必要なストーリー構成と個性を兼ね備えた作品が少ないと指摘した。 


さらに、日本が韓国社会より10年以上先行している点も日本原作ブームの理由として挙げられる。ある脚本家は、核家族化、校内暴力、孤独、フリーター、青年実業家、非正規雇用など現在韓国が直面している問題を日本は10年、20年前に体験しているため、日本ではそれらを扱った作品が定着していると指摘。韓国人が関心を持たざるを得ないと述べた。多様で細分化されたジャンルや現実的な内容がドラマの原作として打ってつけだと評価する。
 

一方、日本の原作に頼りすぎてオリジナルを創作する力が一層枯渇すると懸念する声もある。あるドラマのプロデューサーは「創作は投資と努力の中から生まれる。脚本家がリメークに手を出すのは残念だ」と述べた。

 その半面、韓流ブームで韓国ドラマが日本に大量輸出されたため、今度は日本からアイディアを買うということに対し敏感に反応する必要はないとの声もある。チョン本部長は「日本作品が原作だからと反感を持つのは行き過ぎで国粋的な側面もある」と指摘した。文化交流の面からも一方通行よりは相互の発展を目指すべきであり、日本の原作をリメークすることにも意義があると評価した。


聯合ニュース


朝鮮日報さんより抜粋ですが、中々面白い内容の記事がでてたのでこちらにお借りしてきました。
本当に最近韓国のドラマみてても 以前の「台湾ドラマ」のように日本のドラマのリメイクが増えてるな~と
思ってたのだが・・・思ってた以上に多いようだ!!「JIN-仁ー」は・・・確か一旦日本で放送される予定が
クレーム???のためか中止になってた物がつい最近やっと???お許しが出たのか
DATVにて放送決定!!と出てた。あくまでも模倣でないと主張したのがいけなかったのでは??
見たら解る内容だったのにね~情けない話だった。

明日で最終回 「愛よ愛」 - 2013.03.18 Mon

愛よ愛1

これが・・・スタートしたときは キャストにまずビックリ!!
何しろ、イシンのオンマとイギュウォンのアッパが・・・またもや恋人同士で・・・

若い頃に引き裂かれて・・・
時代が古かったせいか・・・ビジュアルが楽しめなかったので「パス」してた。
で、最近たまに見たり(時間潰しに)すると・・・

主人公の「スンヒ」の母親が育ててる検事のノギョンとは兄妹の間柄だから・・
結婚反対されたのだろうと・・・
元々はお互いの親同士の過去のせいだった・・・とだけで・・
そうなの???だったが、ここにきて「スンヒ」が実の娘(其れも生きてる)と知らなかったオモニ
孤児だと思い込んでたら本当に父と血縁関係があったり・・・まぁ~よくもそこまで
次々に問題が起こるものだな~

そして、韓ドラの「お約束」オモニが病気になって・・・手術が必要になり・・・
適合者が実の娘で・・・ずっと騙されて捨て子だと思い込まされて 実の子と同じように可愛がってた
義理の母が・・・真実を知り家出したり・・・夫に騙されてたという理由から・・・
結局、誰にも告げずに父親が娘を引き取って捨て子だと周りに言い聞かせて育ててきてた。

家出してても・・・
娘が実の母に「腎臓提供」するのを 大反対 大事な娘のお腹にメスを入れさせたくない一心で
病室まで出向いて・・・真実を話して、手術を辞退してくれて泣きながら懇願する姿に貰い泣き・・

それを知った実の母も・・娘を危険な目に合わせたくないからと
手術を拒否!!これが母親だな~と・・・実の子でも無いのに・・・自分の子同様に
心配してくれてる養母の姿に・・・感謝の気持ちもある実の母側・・
あ~どっちも可哀想~ドラマだよな~と・・・

そこへ、警察に追われてた「スンヒ」の主人が駆けつけて命の危険を感じて反対したり・・・
色々あったが・・・手術して・・・亭主は自首・・・
で、主人公「スンヒ」の心拍停止!!!!ここで今日終わりましたよ~~
明日の最終回が・・・気になる~兄だと思ってたら、血のつながり無かったんだ!!
母親が両親を無くした男の子を引き取って育ててただけ・・・

それだけでも、兄妹???になるわけ???日本だと関係無いのにね~
明日は絶対に・・・忘れないようにしなきゃ!!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

シャーリーのcafe

Author:シャーリーのcafe
 사란헤요 정용화  
    사랑해야 할 용초등
 「 올해도 다 죽자」  

 

アリーナツアースタート!!

待ち遠しい^^日!!

結婚レシピ

パズル2

パズル3

パズル

フリーエリア

猫1

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (81)
チョン・ヨンファ(CNBLUE) (1035)
CNBLUE 日本活動 (77)
CNBLUE 韓国活動 (230)
CNBLUE CD DVD情報 (84)
君は僕に惚れた (365)
ひとり言 (441)
メンバードラマ情報 (187)
k-pop集 (176)
私たち結婚しました (85)
韓国ドラマ(イケメンですね) (22)
韓国ドラマ (68)
書籍 (94)
韓流スター全般 (89)
live会場 (15)
ダイエット! (5)
スィーツ (35)
我が・・アイドル達^^ (18)
スポーツ (17)
J-pop (24)
過去の映像 (1)
MHPフォト! (3)
EXR原宿店 (7)
ライブDVD (3)
お気に入り海外ドラマ (1)
10’レース (8)
09’ライブ (41)
シウォン君・・・CD (18)
『スタイル』 (151)
自然科学系 (4)
10’ライブ (36)
シウォン君記事 (244)
日本映画 (1)
’09レース (17)
’13 live(WORLD) (9)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。