topimage

2011-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨンファ・・・縮んだ???>< - 2011.09.30 Fri

cn^19
cn^横5

な~~んてね~
どうにも・・・気になって・・・
ジョンヒョンプロフで・・・182Cm・・・
ヨンファは・・・バラエティーにて 179Cmだと・・・認めた(白状したが)
先日のお台場 めざましで・・・隣の席になった若い子が二人・・・

遠近法??とかって~微妙に大きく見える場合と・・・
スゴク3人と差がある場合と・・・

でも、上の2枚が・・・現実だよね~修正ナシの・・・

しかし・・・この3人とでは 正直コンプレックスになりそう~
FTairanndoは そう高く無いメンバーだけど・・・CNBLUEは 高身長もウリだし・・・
スポンサーサイト

バンコクのライブに向けて・・・・ - 2011.09.29 Thu


[広告 ] VPS


先日の横浜インディーラスト終えたばかりだけど・・・
もう・・・又、live観たい症候群です・・・・

中毒になりそうなくらいに・・・彼らのライブが好きだから・・・
弱冠22~20歳の4人組が・・・あそこまでやるとは・・・
脱帽だし・・・まだまだ可能性秘めてるし・・・始まったばかりで・・
これから何処まで羽ばたくのか・・・行く末を見るのが楽しみ・・・

ヴォーカリストとして・・・本当に才能あるヨンファにやられました。
あの声がスキなんです~時に甘くて・・・時にはハスキーな声・・・
なんでも歌える真のシンガーになってきたね・・・

どうしても・・・??? - 2011.09.29 Thu

In My Head メジャー第1弾シングル曲なんですが・・・
困ったことに・・・ジョンヒョンの歌ってる歌詞が・・・
何度聞いても、聞き取り不可能な部分が・・・

「アホナ~」としか・・・聞こえないよ~
長男が、多分 I Wonna・・・か I Hope・・・云々と言ってじゃないの??
そうかな~前から、彼の発音特に(英語)微妙だと思ってたんだよな~

CD 発売されたら確認しなくちゃ~
ところで・・・

今回の イベントですが・・・19日発売なのに・・・
22日の大阪に23日の東京・・・
間に合うのかしらね~手元に届いてから・・・応募券発送だとしたら・・・
早くても・・・18日ゲットして・・・即効で発送して・・・
あちらに19日着だけど・・・地方の人の場合は・・・そううまく行かないはず・・・

おまけに・・・
当選発表は・・・
前日にはある訳だとしたら・・・21日までに発表でしょう~
オモオモだ~~だって・・・1日遅く手元にゲットした人にとっては・・・
19日ゲットの速攻発送でも・・・20だし・・・20日にゲットしたら・・・
21日着になって・・・えええ~~  
どうなるの~~

今回に限っては・・・ギリギリで・・・諦めなきゃならない人多発になりそうな気配・・・
もう少し・・・余裕あるイベントにできなかったのかな~
彼らのスケジュール???それとも・・・会場の確保???

綱渡り的なイベントだとしか言いようがない・・・これって勿論ひとりごとですが・・・ね~

Holika Holika、シエンブルーファンサイン会、海外のファンに"人だかり"  - 2011.09.29 Thu

cn^80

化粧品ブランドHolika Holika は9月29日、新羅免税店本店で外国人の顧客を対象に韓流スターシエンブルーと一緒にファンサイン会を行った。今回のイベントは、専属モデルシエンブルーの日本メジャーの舞台デビューを祝してこのブランドの外国人顧客の韓国訪問を歓迎する意味で開催された。

この日行事は9月27日から29日までの3日間、新羅免税店マイHolika Holika売場で"シエンブルーファンサイン会記念限定セット"を購入200人の顧客だけに特別招待券を提供する形式で進行された。


cn^79

ファンサイン会現場でシエンブルーは、遠く日本や中国などで韓国を訪れたファンたちにしきりに笑い帯びた明るい顔で握手を交わし、これまで熱心に磨き上げた日本語でファンたちと対話を交わした。

シエンブルーのリーダーチョンヨンファは"遠くまで訪問してくださったファンに感謝して今回のファンサイン会が多くの愛と関心を下さるファンの方々に少しでも報いるとなっては良い思い出になったら良いだろう"と伝えた。ファンサイン会を訪れたファンも"これまでインターネットや映像だけ会うことができたシエンブルー直接会うことができ、とても幸せだ"と喜んだ。

一方、シエンブルーがモデルで活動中Holika Holikaは、10月中旬明洞5号と6号店を追加でオープンする予定だ。
bntニュース記事情報提供beauty @ bntnews.co.kr

怒涛の・・・メディア露出!!! - 2011.09.29 Thu

r stone1

ローリングストーン日本版は、音楽専門誌でも、ファッション専門誌でも、サブカルチャー誌でもありません。音楽・ファッション・カルチャーが融合した、知的好奇心たっぷりな、20代からの新ライフスタイル男性誌です。
なんと言っても・・・私の中では・・・この雑誌が期待度NO1です~



元々は・・・アメリカの音楽雑誌で・・当時夢中だった cheap trick が表紙を飾ったヤツを
神戸に住んでたときに 国際会館のショップで買いました~
懐かしい~あの頃・・・ティーン雑誌のタイガービートとか・・・毎月チェックしてたし・・・
いつの間にか・・・日本版が出版されてたとは・・・これに掲載されることはある意味・・・
1流ミュージシャンの仲間入り・・・でも~日本版のこうやって見たら・・・
ちょっとな~ここには あえてアップしてませんが・・・っていうか・・・微妙だったし・・・

上のように・・・そうそうたるメンバーと比べたら・・・
まだまだ早い!!!かな~
まぁ~とにかく・・・これに掲載されるんだな~ハードルが一つアップしたかな・・・

そのほかにも・・・・
来月は・・・雑誌登場のラッシュ月です。

7日STEADY 8日PATIPATI 10日がR STONE 12日TVSTATION TVぴあ  
20日freepaperの FLYING POSTMAN PRESS 22日 GINGER 27日BーPASS今のところこれかな

ちょっと懐かしい??? - 2011.09.29 Thu


[広告 ] VPS


久しぶりに・・・「ヒョ~~ン」聞いたような・・・
そう、あの頃は・・・・いつもそう呼んでたのにね~

いつの間にか・・・ソヒョナ・・・ソジュヨン・・・挙句は・・・ソヒィイ←(釜山弁)
ヨンチョディンは・・・色々と呼び方気分で変えてた・・・。

この  ウェーブ最高!! - 2011.09.29 Thu


[広告 ] VPS



いただきものですが・・・あの日の記憶が鮮明に^^甦ってきて・・・

まさか・・・ウェーブをすることになるとは・・・
ヨンファったら~不意打ちを・・・でも、みんなで楽しめて・・・チョアよ~
最初は・・・何をしようとしてるのかと・・・???
その内に・・・私の後ろの方でも「やりた~い!!」の声が・・・
ヨンファが・・・回りながら・・・それにあわせてウェーブが・・・もう一回~
で・・・繰り返して・・・汗だくになりながらも・・・楽しいイベント!!

韓Fun 22号^^ - 2011.09.29 Thu

cn^横23
cn^横24
cn^横22

早い~~25日のlive記事が・・・もう~
いつもなら・・・時間差あるのに・・・毎回こうなら楽しみ!!!
あちこちで・・・liveレポアップされてて・・・今更だし・・・
とにかく・・・変わった形で・・・その内に・・・しばらく忙しいので・・・

つい・・・手が・・・>< - 2011.09.27 Tue

yh^横2
yh^横1

何分にも・・・live直後で・・・興奮冷めやらぬ状態だったので・・・
つい・・・街頭で・・・手が・・・画像悪すぎても・・・我慢!!でしたが・・・
絶対に・・・このような表情は・・・見られないかと・・・汗だくのヨンファに・・
こっちも・・・
いつになく・・・汗だく状態・・・
スタートから大好きな Ready & Go~では・・・ノレ無いわけないないし~
ヨンファのかっこよさに・・・ノックアウト!!!

とうとう^^ - 2011.09.27 Tue

君^クマ
君^コミック2

クマのストラップと・・・・フィルムコミック1 & 2

とうとう解禁に^^ - 2011.09.26 Mon


[広告 ] VPS


昨日の・・・liveで「サプライズ」で・・・歌ってくれた IN MY HEAD のPVが
本日解禁に・・・全体通して rockbandに出来上がってる。
息子曰く、ずいぶん力入れてるじゃん・・・そう??いつもと全然違う
それって・・・ウギョルの・・・ヨンファ見すぎてからだよ~~
歌ってるときは・・・カッコイイと常々言い聞かせてきたのに・・・

それでも・・・「直感」お気に入りのようで・・・すぐに携帯からyoutubeで
「直感」PV探し出して・・・サビからヨンファの独断場当たり・・・ここがいいわ~と
ご満悦気味・・・それを見ていると・・・妙に嬉しいです~

シエンブルー"夢の舞台公演、感慨深い"... 1万5千日本ファン' - 2011.09.26 Mon

cn^横22

最初の印象より強く、鮮明だった。ギターを担いだチョンヨンファとイジョンヒョン、イジョンシンとドラムスティックを手にしたカンミンヒョクは、きれいに包装された通常のアイドルグループとは異なり、軽くないの壮大なスケールの大きい感動をプレゼントした。

4人組グループCNBLUEが来月10日、本格的なメジャーデビューを控えて25日横浜アリーナホールで単独コンサートを開き、インディーズとしての最後の有終の美を飾った。計1万5000人余りのファンたちの青色蛍光峰波と歓呼の中に登場したCNBLUEはナウorネバー(Now or Never)、ボイス、直感、ラブ、ひとりぼっち、ドンセイグッバイ(Don''t say goodbye)、イリュージョン(Illusion)、コウォドゥ(coword)など、英語と語、韓国語の歌の歌詞を消化し ​​ながら、2時間40分にわたり25曲を披露した

最近のワーナーミュージックジャパンと専属契約を結んだCNBLUEはこの日の公演を最後に10月からメジャーに出て、様々な活動を広げる予定だ。インディーズとしての最後の公演であるだけに、ファンへの感謝の気持ちと、切ないことはいつもより大きかった。

公演に先立ち記者懇談会で鄭化は、"アリーナホールではインディーズで活動してきた私たちにとても大きな会場で、以前から夢見てきた場所だ。このような舞台に上がるようになってとてもうれしい"とし"しかし、大きな舞台でも同じ舞台に立った気持ちでいつも熱心にする姿お見せする。

熱心にして幸せな思い出を作って差し上げる"と話した。引き続きイジョンヒョンは、"より多くの人に私たちの音楽発表になって嬉しい"と明らかにし、イジョンシンは、"チケットがすぐ完売なってうれしくて、最後の最後を素敵に飾ることができて幸せだ"とし、所感を伝えた。

記憶に残 ​​る日本での公演を問う言葉はリンキンパクのコンサートでオープニングバンドで舞台に上がった記憶を思い浮かんだ。チョンヨンファは"久しぶりにアウェーのライブをしたが、非常に震えた。

観客たちが缶やペットボトルを投げはしないだろうか心配したが、幸いにも楽しんでいただいてのように優れて遊んでくれてとても感謝した"と述べた。来る10月19日にメジャーで正式デビューしたCNBLUEは、活動初期に苦労したエピソードを公開して人目を引いた。

用して、"初めて日本での留学生活した時、ドラムとギターを手で持って通っていた"とし、"天気も寒くて暑くて、恋人も母親もなく、男しかなくて(笑)完全に私たちの哀れだった"とビハインドストーリーを公開した。移民改革もゴドゥルミョ"電車に乗ろうとすると、階段を見て涙が出た"とし、"本当の最悪だった"と当時を振り返った。

イジョンヒョンは、"日本の家の前に大きなスーパーがあったが、お金がなくて500〜600円するお肉コーナーで幸せに食べた記憶がある"とし、"あの時が懐かしい。オロブンケ本当に言いたいことが多い。今まで応援してくれて感謝してこれから皆さんともっといきたい。

今日はインディーズとしての最後のですが、これでメジャーにさらに一歩進むことができると考える"とし、喜びと悔しさを表現した。"これからが始まりです"と叫んだのヨンファの言葉にファンは熱い喊声と拍手を送りながら熱狂し、低いところから一段一段上がったCNBLUEは、まるでこの日を永遠に心に刻みというように、ファンたちに重ねて感謝の気持ちと愛情を表わした。

シエンブルル所属事務所の関係者は"今後、メジャーデビューをしても、音楽的な変化には ​​大きな変化はないが、メンバーたちがドラマや映画など、様々な方面で活動をすることになるだろう"とし"これからの歩みを期待しても良い"と伝えた。

一方、シエンブルーの今回の公演は、チケットがオープンと同時に完売され、日本国内の人気を立証したている。公演を見るために横浜に集まった各地のファンたちによってすべてのホテルが満室になるほどに熱い人気を得て盛況のうちに幕を下ろした。


1部抜粋記事です。

バンドとアイドルの間に... - 2011.09.26 Mon

cn^横20
バンドとアイドルの間に...シエンブルーの独特の二重の歩み

"これからが始まりです"... CNBLUE、日から遅れてのメジャーデビュー


シエンブルーは韓国デビュー前の2009年6月に日本でバンド活動を最初に開始した。主に、独自のライブパフォーマンスや、路上コンサートを開いて活動してきたシエンブルーは、2009年8月ミニアルバム"ナウorネバー(now or naver)"を発表、これまで日本で6枚のアルバムを出した。アルバム発表のたびに開いていたコンサートのチケットは完売を記録して人気を呼んだし、TV番組出演などメディア露出がほとんどなかったが、オリコンインディーズチャートで1位を記録するなど熱い関心を受けた。

韓流歌手たちが、すぐにTV番組に出演して大衆的な人気を得るものとは異なり、シエンブルーは、マニア層を形成し、バンドとして活動し、他の道を歩んできた。

メジャーの場合、大手レコードレーベルの専門プロデューサーを雇ってアルバムを制作する一方、インディーズの場合、アーティストが直接音楽を作り、彼らの音楽的色彩を重視する傾向が大きい。シエンブルまた、自作曲を込めてアルバムを作り、路上公演や小規模のクラブ公演を100回以上行われ、活動してきた。以来、昨年1月、シエンブルーは、国内でのミニアルバム"ブルーディレクトリー(bluetory)"を発売し、"ひとりぼっち"で音楽チャート1位を記録、年末授賞式で新人賞本賞をさらって熱い人気を得始めた。日本ではインディーズバンドで活動したが、国内では人気アイドルとして認識される傾向が大きかった。

シエンブル所属事務所は、日本での人気がますます上昇すると、国内のようにメジャーでの活動に方向を変えて最近、ワーナーミュージックジャパンと契約を結んだ。来る10月からの活動の方向が変わることになったCNBLUEは、今月初め、インディーズバンドとしての最後のアルバム'392 '''を発売、オリコンインディーズアルバムチャートで1位に上がった。また、25日、横浜アリーナホールで開催されたコンサートを最後にインディーバンドとしての公式的な活動を終えることになった。

アリーナホールでは1万5000人収容の会場で、インディーズバンドとしては異例の大規模のコンサートだ。CNBLUEが日本でこれだけ成長したのには最近吹いているK - POPブームとチョンヨンファが出演したドラマ"美男ですね'と'お前は私に惚れた"の影響が大きかったことを否定することはできない。ヨンファは"美男ですね'でグループエイエンジェル(ANJell)のメンバーカンシンウ役を引き受け、新韓流熱風に合流し、以後、出演したドラマ'お前は私に惚れ、"また、放映前に日本に先行販売される快挙をあげて、その人気を立証した。

特に"美男ですね'は日本版でリメイクされるほどに現地ファンたちの支持を受けた作品だ。ため、日本ではまだインディーズバンドのイメージが強いが、韓国では演技と歌手活動を併行するアイドルグループとしてあらわれる二つの視線が存在する。所属事務所関係者は"アイドルグループは、活動期間と年齢の限界があるのに対し、バンドはそのような部分がかなり幅広い"とし"本人たちの色彩をもつことができ、作成されたグループではなく、作っていくのグループで、メンバー間の和合や満足度が高い方だ。

楽しく活動できる原動力になるようだ"と話した。一方で、"国内ではバンドではなく、アイドルグループのイメージが大部分を占めているのは知っている"とし"今後されるようにバンドのイメージを衰退させないように活動の方向性を捉えようと努力するする予定だ"と述べた。この関係者は"CNBLUEが草創期に日本で活動していたときは、路上公演をして止めに遭い、チョトギョナンこともあった"とし、"ドラムからギターまで、すべての楽器をそれぞれ担いで準備しており、音楽をすることができる場所のどこでも歌を呼んだ"とエピソードを伝えた。

メジャーでの活動の方向を変えたからといってシエンブルの音楽に大きな変化はない見通しだ。25日に会場で開かれた記者懇談会で、鄭化は、"様々なジャンルをしてきたがメジャーな活動をしても、私たちの色を変えたり、そんなことはない"とし"これまで活動してきたように、私たちのバンドだけの色を守って行く"と明らかにした。

ガール時代とカラー、東方神起などをもとに形成された日本国内のKポップのブームに乗って、差別化された音楽性と固体チームワークを武器に、シエンブルーの大きな光を放つことができるか関係者の期待が大きい。

単純な人気だけではなく、内実をがっちり固めたバンドとしての命脈を維持しながら大きい人気を独占することができるか帰趨が注目される。

東京(日本)=国民日報クッキーニュースヅジョンア記者

横浜アリーナ"で、"シエンブルー"を叫んで - 2011.09.26 Mon

cn^横19
静かだった客席が突然オスソンヘジョトダ。ウンソンゴリヌンドゥトシプドニすぐアリーナ全体が爆発する歓声でいっぱいになった。ファンの歓声は時間が経つほど増幅された。遠くCNBLUEのメンバーたちが登場するとびっくりするほど大きな呼応を見せた。公演時間は150分。これまで日本の横浜アリーナでは一本の映画のようなコンサートの舞台が続いた。

メンバーたちは、強弱を自在に行き来して芸を張った。これまでどれだけ熱心に準備したことを間接的に感じられるほど。最後のインディーズアルバム'392'発売を記念するための"シエンブルーセカンドアルバムのリリースライブ392(2nd Album Release Live 392)"は、そのように始まった。シエンブルーは、メジャーデビューを控えての今回の大規模な単独コンサートを通じて、様々なジャンルの音楽を見せてくれた。ロックな感じが加味された曲からグルーブ感のあるリズムの音楽、甘いボイスを元にした歌など、より多彩な公演の構成に焦点を置いた姿だった。

この日の公演で彼らが歌った歌は、追加公演も含めて計25曲。中々のファンとトークの時間を持つことを除けば、ほとんど休みなしに演奏と歌を続けている。正式デビューもしていないバンドが自分たちが発表したゴクマンウロ単独コンサートを満たすことができたのは、彼らがこれまで韓国と日本を行き来しながら活発な活動を展開したおかげだ。安定したアルバム発売や公演などで実力を積んだのも一役した。

特に目を引いたのは、リードシンガーのジョンヨンファのほか、ギターとサブボーカルのイジョンヒョンは、自分の歌の実力を見せてくれるだけの曲が多数含まれて別の可能性を見せてくれたという点だ。イジョンヒョンは、"The Way part3:Eclipse"の導入部分のソロを務めるなど、魅力的な声のトーンを活用して、甘美な曲を完成した。

もちろん、チョンまた、シエンブルーの代表曲"ひとりぼっち"、"直感"、"ラブ(Love) "などを完璧に消化し ​​、ライブに強い面貌を見せた。さらに、"Don't Say Goodbye"を歌う中高音を張り上げる部分では鳥肌が立つほど素敵なボーカルを聞かせてくれた。公演を準備し、一段階成長したようだ。そうかと思えば、今回の公演では韓国語と英語の歌詞になった歌が25曲中10曲に達するほどだったが、現地のファンたちはよく踏襲している。

"ラブガール(Love Girl)"の場合、リーダー鄭化の拍手誘導のファン全体がサビを歌って印象的な場面を演出し、"Try Again、Smile Again"も、観客がサビの部分に沿って、美しい和音を作った。加えシエンブルーは、コンサートを通じ、今回のインディーズアルバム'392'に収録された新曲"Man in front of the Mirror"、"Illusion"、"Coward"のメジャーデビューアルバムのタイトル曲"In My Head"を公開した。二重のインディーズアルバムに収録された曲はすべてヨンファとイジョンヒョンが直接作曲した曲だ。今月10日に横浜のコンサートチケットオープンと同時に売り切れという記録を立てた"シエンブルーセカンドアルバムのリリースライブ392"。

一段階発展したシエンブルーのメンバーを確認することができた公演であり、別の種類の日本デビューの成功事例を見せてくれた今回のコンサートは、これらにどのような肯定的な影響をキチョトウルジ将来がさらに期待される。一方、CNBLUEは来る10月19日に日本でシングルアルバム"インマイヘッド(In my head)"を発表してメジャー市場に進出する。

rosecut@osen.co.kr <写真> FNCミュージックを提供。OSENフォトニュース

ヨンファ、リンキンパクオープニングステージ""ペットボトル合うのではないか"と心配した" - 2011.09.26 Mon

cn^横7
男性バンドCNBLUEが日本で開かれたリンキンパクの単独公演のオープニングを飾ったの所感を伝えた。シエンブルーは9月10日、日本幕張メッセで開かれたリンキンパク単独公演のオープニング舞台に上がって熱情的な舞台と派手なパフォーマンスを披露した。これに公演を訪れた約7000人余りの日本ファンたちは曲を一緒にしたり、シエンブルーの連呼するなど、爆発的な反応を見せた。

しかし、いざCNBLUEのメンバーたちはこの日の公演は、それほど不満と。9月25日本横浜アリーナで行われたシエンブルーの単独コンサートに先立ち開かれた記者懇談会の席でシエンブルーのメンバーチョンヨンファはリンキンパク公演に上がったことについて、"正直、よく震えて緊張をたくさんした。そこで私たちどうし'ケンハゴペットボトルを迎えるのではないか"と心配をしていた"とし"幸いなことに反応は良かったが、公演をもっとたくさんしながら実力をつけちゃいけないと言う考えをたくさんした"と謙虚な発言をして人目を引いた。

一方、同日、 (9月25日)日本の横浜アリーナで開かれたシエンブルーの単独コンサート'2 nd Album Release Live 392"は10月19日にメジャーデビューを控えて開かれたインディーズバンドとしての最後のコンサートだったし、現地ファンたちから1万五千席規模の公演場が大変な混雑を成し遂げて、日本での爆発的な人気をもう一度立証した
。(写真提供:エフエヌシーミュージック)ハンwスターニュース記事news@wstarnews.com

日、CNBLUE注目の理由? アイドルでなくミュージシャン! - 2011.09.26 Mon

cn^横6
“アイドルでなくミュージシャンだ。”

CNBLUEは、日本ではまだメジャーデビューをしていないインディーズバンドだ。しかし、彼らは正式デビュー前にも関わらずすでに熱い人気を誇っている。メンバーチョン・ヨンファが出演したドラマ『美男<イケメン>ですね』の人気が大きく影響をしているが、CNBLUEはアイドルグループとはまた異なる魅力で次第に日本のファンの心をとらえ始めている。

25日午前、渋谷のタワーレコードは比較的早い時間にも関わらず、CDを買うための音楽ファンたちの足が絶えなかった。CNBLUEのインディーズ最後のアルバム『392』は、やはり1階入口付近の目に付くところに配置されていた。

タワーレコードのある職員は、「CNBLUEは現在日本でとても人気がある」とし、「アルバムも発売されればいつもよく売れる」とCNBLUEの人気を説明した。ある韓流雑誌はCNBLUEに“ミュージシャン”という呼称を使い、「自分たちだけの音楽で勝負しているグループ」と評した。メンバー皆が歌はもちろん自作曲をアルバムにのせることに対して高く評価しているということだ。

正式デビュー前から2万人近いファンを動員して熱い人気を立証したCNBLUEは、今後インディーズを離れて日本の大型音楽レーベル ワーナーミュージックジャパンと手を握り、メジャー舞台へとステージを移す。

25日午後、コンサートを控えて横浜アリーナで開かれた記者会見でCNBLUEは、「メジャーデビューを実際に控えて緊張するが、これからが新しいスタートだと思っている。より良い姿をステージで披露する」として覚悟を固めた。


イノライフより・・・

CNBLUE「メジャーデビューしても初心を忘れない」 - 2011.09.26 Mon

cn^横5
10月に日本でのメジャーデビューを目前にしたCNBLUEが、感想を語った。

9月25日午後、日本の横浜アリーナで開かれたコンサート『CNBLUE 2nd Album Release Live ~392~』の記念記者会見が行われた。今回のコンサートは、インディーズとして最後を飾る公演で、CNBLUEのメンバーにとっては意味深い公演。

末っ子カン・ミニョクは「日本での公演をずっとしてきながら多くのことを学んだ」とし「メジャーデビューを実際に控えて緊張するが、これからが新しいスタートだと思っている。より良い姿をステージで披露する」と覚悟を示した。

CNBLUEは、記者会見中、絶えず“初心”を強調した。イ・ジョンヒョンは「もちろん、メジャーにデビューすることになって本当に嬉しいが、インディーズでもメジャーでもいつも同じ気持ちで努力する」とし「より多くの方々に自分たちの音楽を知ってもらえるから嬉しい」とコメントした。

チョン・ヨンファは「今はもちろん、日本でK-POP旋風が吹いている。自分たちはその前からずっと路上ライブ、クラブライブをしながら勉強をしてきたし、今のように3カ月おきにアルバムも出して活動もしてきた」とし「メジャーといって、変わることはない。インディーズの時と同じようにアルバムを出して活動しながら、自分たちが好きでやりたい音楽を存分に見せる。初心を忘れず一生懸命頑張る」と語った。

CNBLUEは10月19日にシングルアルバム『In My Head』をリリースしてメジャーデビューする。

イノライフより・・・
[写真=FNCミュージック]

CNBLUE、インディーズ最後のライブに1万5000人熱狂 - 2011.09.26 Mon

cn^横1
25日、オリコンウィークリーインディーズアルバムランキングで1位を記録したインディーズ最後フルアルバム「392(サンキューツー)」をリリースした大人気韓国ロックバンドCNBLUEがライブを横浜アリーナで行った。

 CNBLUEは10月19日に1stシングル「In My Head」でワーナーミュージック・ジャパンからメジャーデビューが決まっており、今回がインディーズ最後となるライブ。

 ライブ前には日韓のマスコミが集まり記者会見が行われた。メジャーデビューについて、「本当にうれしい。インディーズ時代の時と変わらない気持ちでやってきたい」と喜びを語り、「2009年からインディーズとして日本で活動してきたが、メジャーでも同じように実力をつけて活動していきたい」と意気込みを語った。

cn^横2
インディーズとはいえ、今回の1万5000席のライブチケットは即完売し、絶大な人気を誇るCNBLUE。そのインディーズ最後のライブとあって、朝から多数のファンが殺到、グッズ販売コーナーにも長蛇の列を作った。

 そしていよいよライブのスタート。珍しい360度の回転センターステージへ、四方に伸びた花道からメンバーが登場。割れんばかりの歓声の中、イントロ「The Way part2 ~Ready N Go~」からライブがスタートし、代表曲「ひとりぼっち」「LOVE」「直感」などでファンのボルテージは一気に上昇した。

 トークで「8カ月ぶりのライブ、インディーズ最後のライブ、僕らのすべてを捧げます」と話し、次はバラードへ。CDとは異なるストリングスの入った新しいアレンジで「The Way part3~eclipce~」「Don’t say goodbye」を歌い、本格派のボーカルバンドの実力を披露。

cn^横3
さらに日本語、英語、韓国語の曲を織り交ぜ、得意のロックナンバーで熱く会場を盛り上げ、最後のMCでは「何があっても4人の呼吸を合わせないといけないことをインディーズ時代に学びました。これからもそれを続けて、ファンの皆様と新しい一歩を歩みます!」と思いをファンに伝えた。

 また、日本に初めてバンド修行に半年間日本に滞在したときを振り返ったメンバーら。「楽器をあちこち運ぶのが重くて大変だった」「カートを買って楽になったが、階段とかやっぱり大変だった」「お金がなくて、食事が貧しかった。ある日家の前のスーパーで安い肉をたくさん買って3人で分けて食べてうれしかった」などと口々に語った。「3人」で分けたのは、ジョン・ヨンファが『美男<イケメン>ですね』に出演のため、抜けていた時期だったという。

cn^横4
そして、最後には10月19日にリリースするジョン・ヨンファ作曲の「In My Head」をサプライズプレゼントとしてショートバージョンながら聞かせ、「フルはデビューイベントで」とし、期待をもたせた。

 アンコール含めて全25曲を「全てをかけた」熱いパフォーマンスで披露したCNBLUE。会場をぎっしり埋めつくした1万5000人のファンに、新たな出発となるメジャーデビューに向けて強い意欲とメッセージを残した。


東京=野崎友子通信員

朝鮮日報日本語版

2011年12月ツアー決定のお知らせ - 2011.09.26 Mon

liveで・・・いつものように^^少し元気になったミョからのお知らせ
に、びっくりでした!!12月にまさか・・・やるとは思わなかったので・・・
その前まで・・・ずっとzeppって・・・言ってたから・・フィナルも・・・あ~無理かな~とも
すると・・ファイナルだけ・・「代々木」とうわぁ~代々木なんだ~感動してしまった。


本日の横浜アリーナ公演でメンバーから発表がありました通り
2011年12月、ツアーが決定いたしました!


<ツアータイトル未定>
2011年12月4日(日)Zepp Sendai
2011年12月6日(火)Zepp Nagoya
2011年12月14日(水)Zepp Osaka
2011年12月16日(金)国立代々木競技場第一体育館


詳細は後日お知らせいたします。


よろしくお願いいたします。

「SUPERNATURAL:THE ANIMATION」ED曲に決定! - 2011.09.26 Mon

CNBLUEのメジャーデビューシングル『In My Head』のタイトル曲「In My Head」が
「SUPERNATURAL:THE ANIMATION」のエンディングテーマに決定しました!

***********
10/4スタート 日本テレビ MIDNITEテレビシリーズ
「SUPERNATURAL:THE ANIMATION」
毎週火曜 25:59~26:54(初回 26:29~)
***********

ぜひチェックしてみてください!


よろしくお願いいたします。

横浜アリーナ^^外伝^^ - 2011.09.26 Mon

横アリ1
横アリ2

いやぁ~昨日は・・・いつのに比べて・・
早々と出掛けました。上の左は・・・新横浜駅から歩いて・・・行く途中陸橋奥に
アリーナが見えたので・・・2年振りだ~~
と、興奮しつつ・・・1枚パチリでした。

先に到着組みにお仲間に入れて貰って・・・ Italianでランチを 
おまけに・・・すっかり甘えさせていただいて・・・
その中のお一人に・・・グッズまで・・・お願いしてしまいました~
これをみてたら・・・改めて・・・「お礼申し上げます」ペコリ~

他にも・・・数人約束してたけど・・・中々逢えずに、時がすぎて・・
彼女たちが チェックインしてくるというので・・・
その間に 女子高生の軍団(娘の同級生3人)出会えたので・・・立ち話してる間に
もう一人の約束してた人が・・・
グッズ買い終わったと合流・・・他愛無い話で夢中になってたら・・・

突然!!「すいません~」とカメラを持った女性2人に声かけられたのです。
なんだろう~ くらいに・・・
ハイ??で・・・「韓国のTV 局だが・・・取材いいですか?」だった・・・
別に構わないけど・・「カットするんでしょう~」とつい・・・

長年の経験から・・・2~3回程・・・あったので、イマイチ信用出来無いのだった。
それは日本も韓国も同じだったから・・・散々喋らせたくせに・・
あとで、チェックしたら・・・カット!!カット!!今では多くを学んだので
別になんとも思わなくなってしまった自分が怖い~

「今日は何しにきましたか~?」(分ってるくせに・・・ )「メンバーで誰が1番好きですか?」
ここではあえて書きませんが・・・ほとんどが同じ人物の名を連呼・・・
「じゃ~メンバーたちに応援のメッセージを・・・」急に振られても~揃わない・・・
で、結局は 彼らの指示で・・・せ~ので「CNBLUE サランヘヨ~」「ファイティン~」で・・・
無事に撮影は終えたのですが・・・
そのあとに・・・フリップみたいなヤツに・・・ピンクの付箋紙取り出してメンバーにメッセージをと

「ハングルで・・」ええ~~ 無理~無理~じゃ~日本語でも良いですよ~
メンバーがちゃんと見てくれますからね~の一言で・・・書く!!書く~と大騒ぎに・・・
ハングル出かける子も入れば・・日本語もいたし・・・私は・・・英語で・・・しかし~
名前を間違えてしまったことに・・・今朝気づいてしまいました~ 

どうしよう~見たら・・・傷付くかな~ごめんね~ヨンファ・・・「YONG HWA」なのに~「YONGHA」と
あああ~~今更・・・取り返しがつかない~
韓国では、今週末の10月1日に放送されるようです。チェックしないと~

そうそう・・・「ノンネバン」放送してもらえませんか~に対して・・・
「するかもしれないですよ~」と・・・期待しても良いのかな~KBSさん~~~。局違うけど~
こっちは・・・期待してないけど~
「芸能街中継」は・・・ひょっとしたら・・・10月14日かもしれないです~

インディーラストlive 横浜アリーナ本日解禁!!! - 2011.09.25 Sun

cn^89

CNBLUE Practice Session for Yokohama Arena Live

@fncmusicjapan:

【CNBLUE】 いよいよ明日!横浜アリーナライブに向けてのリハーサルが終了いたしました! 皆さん、明日楽しみにしていてください!!

Translation

[CNBLUE] Finally tomorrow! Rehearsal for Yokohama Arena Live ended. Everyone, Please look forward for tomorrow! !


って・・・もう、今日だよ~   
ああああ~~~ドキドキ・・・です~~~
今回は・・・たくさんのファンの人と再会&初お目見え・・・やらなにやら・・・
忙しくなりそう~これぞ・・・嬉しい悲鳴!!!ってヤツ
忘れ物してないか・・・最後のチェックしています・・・

もう少ししたら・・・出かけます。思いっきり楽しむぞ~ってか新曲がイマイチ覚えてないので
道中も聞かなきゃね~

「東京メディア」きょうは2回^^ - 2011.09.24 Sat

ローソン①

今朝方・・・2時に娘を連れて・・・直ぐ近所のの「ナチュ・ロ」へ・・・
がが~~ん 
こんな時間は・・・電源切ってるのね~

それで・・・午後に・・違う方角のローソンへ・・・買い物帰りに・・・
立ち寄ったら・・「某競艇場」のCMだらけで・・・少々うんざり気味に・・・

いつになったら・・・出るのかわからないし・・・仕方ない・・・帰るか~って、
チャリ動かしたら・・・ワーナー・・出た~ 
きゃ~~と慌てて・・・チャリ止めて・・・携帯カメラを・・・
操作しようとして・・ふと気づいた・・・大画面に・・・まともに自分のと他のチャリが
映ってる・・・ヤバイ 少し、自分の位置をずらして・・・
左サイドから・・・撮ったけど・・結局最後のところだけだった。残念~

又、そのうち流れるだろうからと・・・他にあったチャリわざわざよけて待機してたら
ありえ無い~空いた場所に・・・おばちゃんが堂々とチャリ停めやがった!!!!

アンタのために・・・スペース作った訳じゃないぞ~ 
が、いつまで経っても・・・流ないので・・・さすがにずっと何もしないでいつのも・・・と
諦めて・・・帰りました。で、先ほど、近くの「ナチュロ」へ・・・
長男と娘が行くというので・・一緒に・・・ 行くことに・・・

「東京メディア」だけ見るために・・・と言えば・・・
バカじゃないの~と・・・その言い方ないでしょう~
こんな時に限って・・画面の前に・・・チャリ止めてる奴が居るし・・・
おいおい~邪魔だろう~誰だよ~ 
全く・・・いつ出るのかわからないんだから~早く動かして~
焦ってたら・・・出てきた・・・早く!!早く!!!


二人が・・・中で物色してる間に・・・外で待ってたが・・・
ここでも、また某競艇場CMだらけだし~

あ~~~
すると・・・突然、ヨンファだ~ 来た~と興奮して・・・
携帯・・・寄りによってこんなん時にメール打ってたわ~
カメラ~カメラ・・・こういうとき焦るから・・・中々上手くいかない~
ふと・・・画面にしっかり自分が映ってることに気づいて・・・
撮れなかった・・・そうだ!!!まだチャンスはあるわけだし・・・
きょうはもういいや~
しかし、問題点が一つ・・ここのナチュロは・・・自動ドアが・・・両サイドに開く上に
しばらく・・・停止してしまうので・・・画面に半分被ってる・・・
ここは最悪の場所だ!!!他でやろう~

ローソン②

ローソン③
何も・・・収穫なしでは 収まりつかないからと・・・
先に記念に撮ったphotoもついでに・・・アップです~このポスター
必要でなくなったら・・・もらおうかな~ えへっ・・・

ノンネバン 小説本2より^^ - 2011.09.24 Sat

君^Book1

裏表紙が可愛い~
でも、ハングル文字だらけで・・「イケメン。。。」で失敗したから・・
日本語版めで・・・待つとしよう~~。


君^Fe1
君^Fe2

こちらは・・・photo エッセイ・・・中々ですね~~しかし・・・
こうも・・・次々に出されると・・・本編DVDと・・・メイキング(多分出されるだろうから)
なんでも~って訳にも・・・いかないしな~


君^Book3
君^Book4
君^Book5

最後に、映像漫画本・・・こっちは・・・ハングルでも良いけどね~
「イケメン。。。」も買ってるけど・・・あれは・・・シヌ君が少なすぎて・・・
ちょっとな~だったし・・・
あとは・・・日本のみで出版のドラマのビジュアル本・・・これも外せない~
ううっ・・うっ・・・怖い~メジャーデビューで・・・もっともっと続々と・・・
イベントに・・・CD DVD 来るぞ~~~

CNBLUE今後の予定!! - 2011.09.23 Fri

CNBLUE schedule

SEPTEMBER
09.25 [Performance] The last indie one man live show at Yokohama Arena
09.29 [Event] Holika Holika fansign in Shilla Duty Free

OCTOBER
10.01 [Performance] OTODAMA SEA STUDIO ~OTODAMA KOYASAI 2011 (CNBlue)
10.16 [Performance] 'Autumnal Music Festival' (CNBLUE)
10.19 [Release] major debut single “In My Head” (Japan)
10.22 [Event] Osaka ** Wait more information **
10.23 [Event] Tokyo ** Wait more information **
10.28 [Release] CNBLUE Secret book (Japan)

NOVEMBER
11.12 [Performance] Kpop Music Festival in Sydney 2011 at Sydney’s ANZ Stadium (CNBlue)
11.19 [Performance] The 1st full concert of CNBlue in Thailand, CNBLUE 2011 ASIA TOUR CONCERT BLUE STORM IN BANGKOK
11.26 [Performance] Bluestorm in Jakarta-Indonesia, Gandaria City Ballroom

DECEMBER
12.10 – 11 [Performance] CNBLUE have reserved Olympic fencing Hall **** (Waiting officially announcement)

CNBLUE予定
9月
09.25 最後にインディーの1つは、横浜アリーナで生のショーに人を配置します[パフォーマンス]
09.29 シラ免税の[イベント]Holika Holika fansign
10月
10.01 [パフォーマンス]OTODAMA海スタジオ~OTODAMA KOYASAI 2011(CNBlue)
10.16 [パフォーマンス]『秋の音楽祭』(CNBLUE)
10.19 [リリース]主要なデビュー一つの「私の頭で」(日本)
10.22 [イベント]大阪**待機詳細な情報**
10.23 [イベント]東京**待機詳細な情報**
10.28 [リリース]CNBLUE秘密本(日本)
11月
11.12 シドニーのANZスタジアム(CNBlue)のシドニー2011での[パフォーマンス]Kpop音楽祭
11.19 タイ(青い2011年のアジア旅行コンサートがバンコクでは突撃するCNBLUE)のCNBlueの1回目の完全なコンサート[パフォーマンス]
11.26 ジャカルタ-インドネシア(Gandaria市ダンス場)の[パフォーマンス]Bluestorm
12月
12.10 CNBLUEが持つ–11[パフォーマンス]は、オリンピックのフェンシング・ホール****(公式に発表を待つ)を確保しました

どうやら・・・
決まってるだけでも・・・このスケジュール・・・
今年の年末は・・・どこかでヨンファのMC見られるのかな~できたら・・・また、SBSでやって欲しい!!
3年連続は・・・かつて無いことでは???

ヒチョルが・・・兵役に行ったので・・・ある意味「ビジュアル系」存続のためにも・・・
MBC・・・昨年のようなことになると・・・寒すぎるから・・・やめたほうが良いかもね~

ところで・・・日本での10・28秘密本て・・なんだろうか??
凄く気になるわ~~写真集!???まさかね~例の・・
「live magazine]のこと???横浜ファンミ・・・  

「嘘でしょう~~~~」って言いたい!! - 2011.09.23 Fri

cn^file
横浜アリーナ公演での会場先着CD予約特典決定!

9/25の横浜アリーナ公演CD販売会場にて、
「In My Head」の初回限定盤と通常盤を同時予約していただいた方、先着で500名様に
CNBLUE(手提げにもなる)特製クリアファイルをプレゼントいたします。


※予約の受付は10:00より開始します。
※会場の状況によりスタートが多少前後する場合がございます。
※ご予約はお1人様、1セットまでとさせていただきます。
※商品代金3,780円(通常盤 1,260円+初回限定盤 2,520円)+送料500円 合計4,280円を全額前金にてお支払いいただきます。
※特典のクリアファイルは当日会場でお渡しいたします。




だって・・・
もうずいぶん前に・・・HMVさんで予約してるのに~
それも・・・3枚もですよ~~~それなのに  今頃って感じで
こんなこと告知されても・・・困るよ~~。なんで~~
やはり、メジャーになると・・・CD売上が大事になってくるから・・・record会社が
やること半端ないのかな~ちょっと哀しいな~~

コノ作戦・・・韓国でやれば大顰蹙ものだと・・・
逆に・・・不買運動でも起こりそう~~。
だったら、予約者全員に・・・クリアファイルpresentしてくれる方が良いと思う~

予約特典としてね・・・大体そんな特典今までにもあったし・・・
このファイルって・・・昔、ライブ行ったときには・・・アンケート用紙と
一緒に必ずもらえてたのにね~枠を外せば・・・ファイイルになるってアレ・・・
毎回行くたびに もらってたから・・・いくつかまだあるな~

最初の頃は・・・本当に色々なサプライズもあったけど・・・今では 
そんなものかな~~とうとう・・・大人の世界に入り込んだrock少年達・・・
って感じになるのかな~やだな~インディーが良かった・・・

思いっきり・・・rockだ~^^ - 2011.09.23 Fri


[広告 ] VPS


とりあえずは・・・こんなものからSTART!!
明日から・・・「レッツ・・ローソン」かな~^^
  

ホント!!ヤバイわ~~>< - 2011.09.23 Fri


[広告 ] VPS


今朝・・・見逃したけど・・・ありがとうです~^^


[広告 ] VPS


こちらは・・・音量が小さいので・・・最大限で・・・どうぞ~
いただいてきた 韓国fanの方、ありがとうございます^^




you in my head

想像を はるか超えてく
souzou wo haruka koeteku
(we’ll go far beyond their imagination)

in my head

掴め 描いた同じ未来を
tsukame egaita onaji mirai wo
(catch the future that we drawn together)

in my head

それは 誰も知らない
sore wa dare mo siranai
(nobody knows it)

in my head

Lyrics Translations by ketch@cnbluestorm.com

歌詞は・・・cnbluestorm.comさんよりいただきました。

TENTEN 6月号 - 2011.09.22 Thu

cn^book

表紙は CNBLUE, afterschoolです.

前の表紙は CNBLUE,後の 表紙は afterschoolです。

興味あるけど・・・・
もう内容的には・・・古いし・・・カムバックしたときのだよね~


復活しているバックパック - 2011.09.22 Thu

君^652

◇キャンパスを占領したチョンバックパックMBCドラマ'お前は私に惚れた"のチョンヨンファはドラマを通じて、さまざまなバックパックスタイルを披露した。カジュアルなホワイトカーディガンの衣装にスタイリッシュなミニベルに乗ってホワイトカラーのラコステ(Lacoste)のバックパックを着用してキャンパスを歩き回ったこと。

我々は、学生時代にうんざりするように着用していたバックパックとは異なる、スタイリッシュなデザインのバックパックをチョンヨンファは、まるで白馬に乗った王子様"を連想させた。   

このように、近年、再び復活したバックパックはスターらのドラマや空港のファッションなど、どんなスタイルにもよく似合うの必須アイテムとして生まれ変わっている。

今は過去の記憶の中の重い本だけを入れるバッグではなく、一つのトレンドとして定着したバックパックが実用性とスタイルの両方を備えた最適なアイテムとして浮上することを示唆している。

リアルタイムニュース'マネートゥデー

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

シャーリーのcafe

Author:シャーリーのcafe
 사란헤요 정용화  
    사랑해야 할 용초등
 「 올해도 다 죽자」  

 

アリーナツアースタート!!

待ち遠しい^^日!!

結婚レシピ

パズル2

パズル3

パズル

フリーエリア

猫1

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (81)
チョン・ヨンファ(CNBLUE) (1035)
CNBLUE 日本活動 (77)
CNBLUE 韓国活動 (230)
CNBLUE CD DVD情報 (84)
君は僕に惚れた (365)
ひとり言 (441)
メンバードラマ情報 (187)
k-pop集 (176)
私たち結婚しました (85)
韓国ドラマ(イケメンですね) (22)
韓国ドラマ (68)
書籍 (94)
韓流スター全般 (89)
live会場 (15)
ダイエット! (5)
スィーツ (35)
我が・・アイドル達^^ (18)
スポーツ (17)
J-pop (24)
過去の映像 (1)
MHPフォト! (3)
EXR原宿店 (7)
ライブDVD (3)
お気に入り海外ドラマ (1)
10’レース (8)
09’ライブ (41)
シウォン君・・・CD (18)
『スタイル』 (151)
自然科学系 (4)
10’ライブ (36)
シウォン君記事 (244)
日本映画 (1)
’09レース (17)
’13 live(WORLD) (9)

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。